電話料金箱

2,500円(内税)

購入数
昭和の時代の手作り電話料金箱。
電話が各家庭にまだ普及していなかったころ、
外で電話を借りた時に、電話代として小銭を入れる箱です。
鍵も掛からないし、すぐに持っていけるのに
ちゃんと機能していたのだなと思うと、何だか暖かい気持ちになります。
底の部分をスライドさせて中身を取り出しますが、画像3枚目のように
溝が一部欠けているので少し蓋が緩めです。
正面には、何とか読める「電話料金箱」の文字が。
使い込まれて、良い木味です。
10×10×H12.4cm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アンティーク品、古道具のお品について】

当店で扱うお品物は、長い時間を経たアンティーク品や古道具です。
日本を中心に、あちこちから集めた古くて味わい深いものたちを
ご紹介しています。

アンティークや古道具は、
ひとつひとつ表情の違う一点ものになります。

経年の変化により、傷や錆び、ヤケ等があるものもございますが、
これらは商品の持つ魅力のひとつとしてご理解の上、
ご注文をお願い申し上げます