江戸犬張子・ざるかぶり犬(いい田型)

3,000円(内税)

購入数
[ゆうパック]

江戸張子・いせ辰のざるかぶり犬です。
五代目飯田省三氏作で「いい田型」と呼ばれます。
犬は安産であることから、昔から出産や子育ての守り神とされてきました。
そのため、子どもが生まれると、犬張り子を母親に贈る風習が東京をはじめ、
各地にあったそう。
竹ざるを被っているのは、ちょっとした洒落が隠されており…
「犬」という字に「竹冠」をのせると「笑」という字になることから、
「むずがる子を笑わせ機嫌を直す」という願いが込められているそう。
竹ざるの下からは、ネコのような愛らしいお顔がのぞいています。
見飽きない魅力です。
W8.5cm×D8.5cm×H8.5cm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アンティーク品、古道具のお品について】

当店で扱うお品物は、長い時間を経たアンティーク品や古道具です。
日本を中心に、あちこちから集めた古くて味わい深いものたちを
ご紹介しています。

アンティークや古道具は、
ひとつひとつ表情の違う一点ものになります。

経年の変化により、傷や錆び、ヤケ等があるものもございますが、
これらは商品の持つ魅力のひとつとしてご理解の上、
ご注文をお願い申し上げます。

最近チェックしたもの

最近チェックした商品はまだありません。